iOS5でiPadの正式機能となった4本指でのマルチタッチジェスチャーでホームボタンの使用頻度が激減

iOS5でiPadの正式機能となった4本指もしくは5本指でのマルチタッチジェスチャーでホームボタンの使用頻度が激減しました。

詳細について

    • 4本もしくは5本指で左右にスワイプ(指をタッチパネルに触れたまま、左右に移動)

起動しているアプリを切り替えることができます。

    • 4本もしくは5本指で上にスワイプ(指をタッチパネルに触れたまま、上に移動)

マルチタスクバーを表示することができます。

    • 4本もしくは5本指でピンチ(指をタッチパネルに触れたまま、1点に集中させる動作をする)

アプリ起動中に限り、ホーム画面に移動できます。

動画を見ていただけたらわかるのですが、iOS5で正式に一般ユーザーにも使えるようになってから、ホームボタンを押す頻度が激減して、体感的にも気持ち良く、iPadを使えるようになりました。

iOSデバイスにおいて、ホームボタンの調子が悪くなるのは、よくあることなので、アップルストアのGenius Barの担当者の方も嬉しいのかも。個人的にもホームボタンの関連でよくGenius Barに行くので。

スポンサーリンク