iCloudのフォトストリームの仕様について感じたこと

iOS5がインストールされたデバイスで、自動的にiPadやMacなどの対応端末で写真がiCloud経由で自動的に同期される「フォトストリーム」。アップルのサイトを見ていてもどのような仕様なのかわからない。実際に使ってみた感じを書いていきます。あくまでも、私が感じたことであって、間違っている可能性があることもあるので、ご了承ください。

Wi-Fiに接続してもすぐにはアップロードされない

昨日、某所にてiPhoneで写真を撮りました。その後、休憩を兼ねて、BBモバイルポイント(公衆無線LAN)があるカフェに入ったのですが、そのときにWi-FiにPhoneとiPad(AppleIDは同じ)を繋いでも、写真はiCloudにはアップデートされませんでした。そして、「写真」アプリを起動すると、フォトストリームの項目がどんどん増えていく。

「写真」アプリを起動し、Wi-Fiに接続されているときに、自動的にiCloudにアップデートされるらしいです。

iCloudとのバックアップを有効にして、Wi-Fiに接続されているとき、かつ充電されているときには勝手にアップロード

もともと、iCloudのほうに全アプリ(音楽などは除く)のデータが同期されるように設定されているときに、「フォトストリーム」をONにしていると、iCloudに写真がアップロードされて、自動的に対応端末にダウンロードされるようです。

フォトストリームに関係する写真は、カメラロールに取り込まれたものすべて

サードパーティー製のアプリでちょっとした編集をして、編集した画像をカメラロールに保存すると、もともとカメラロールにあった元の画像と一緒にiCloudにアップロードされます。

カメラアプリで撮った画像、Safariからダウンロードした画像、スクリーンショット、何でもアップロードするのが「フォトストリーム」というらしいです。

フォトストリームにアップロードされた画像は個別に消去できない

iOS端末から、フォトストリームにアップロードされた画像はフォトストリーム機能をオフにすることですべて消すことはできるものの、「写真」アプリから個別には消去できません。

iCloudはWindows XPには対応していない

これは「フォトストリーム」以外も含めてなのですが、アップルから配布されるソフトウェアがVista以上のOSしか使えないです。

最後に

フォトストリームの機能は正直、使いにくい。複数の端末で写真が自動的に同期されるというのは、困るときがあります。

モバイルWi-Fiルーターで従量制課金のプランを契約して利用しているとき

アップル純正のカメラアプリで写真を撮ると、1枚1MB程度で、最近の1000枚の写真を同期することができるみたいですが、正直言って、従量課金されている回線で勝手に同期されると、精神的によくないです。MAXで1GBは大きい。

今までのところ、「It just works.」なのは確かなのですが、従量制課金をされるような回線でやられると参りますね。これは。

手動で同期できるような設定とか欲しい。

スポンサーリンク