b-mobile 1GB定額はどこでも繋がる安心感があって最強!

b-mobile 1GB定額SIMを使ってドコモXi対応L-09Cで接続ができた

b-mobile 1GB定額SIMを使い始めてから、一ヶ月が経ちます。もともと、このb-mobileのSIMは30日間で1GB通信可能で3100円でドコモ回線を利用できるというものですが、安定した電波のドコモ回線を利用できるこのSIMの実力はすごい。

メリット

    • エリアは最強のドコモ回線を利用できる。

私自身、ソフトバンク契約のiPhoneの電波といえ、3G回線の状況にかなりの不満を持っていて、バックアップと非常時用回線として利用していたのですが、どこでも繋がるというのは精神的にかなり楽。

    • 手軽に購入できる。

b-mobile 1GB定額SIMは1ヶ月単位で購入、チャージができるので、2年縛りなどを気にする必要がなくて、いつでも、WiMAXなどに移行できるので精神的に悪くはないです。

デメリット

    • 自分でドコモFOMAネットワークに対応する端末を用意しなければいけない。

b-mobileのSIMは単体で提供されるので、自分でドコモのFOMAネットワークに対応した端末を用意しなければいけないのが欠点の一つです。しかしながら、対応端末は、SIM発行元の日本通信が販売しているものだけでなく、ドコモ純正のものを中古で買ってきて利用できます。

    • 速度があまり出ない。

残念ながら、速度は、早くても1Mbps程度、遅くても250Kbpsしか出ません。動画に関してはYouTubeが全く見れないということも。それ以前に、容量がもったいないので、見ないのですが。。

おそらく、あまり速度が出ないのは、ドコモ本家のスマートフォン増加による速度低下などの原因もあったり、日本通信側でドコモから購入している帯域が足りていないというのもあったりすると思われます。

    • 1GBを使いきってしまうと、開通から30日経っていなくても利用できなくなる。

私自身、iPhoneやiPadで「L-09C」を通して、使用していたのですが、残り日数が4日にも関わらず、450MBが未使用です。自宅では固定回線ベースのWi-Fiを利用して、外出時にブラウジングやメール、Twitterをする用途なら、30日間で1GBは十分過ぎます。

しかしながら、「L-02C」を通して、PCで使っていたら、結構容量の減りが早い気がします。このSIMはスマートフォン向けだと思います。

総括

利用できるエリアを重視しているユーザーにとっては、最強の選択肢といっても過言ではないでしょうか。価格.comなどを見れば、3100円以下でWiMAXを利用できるとありますが、地方などを含めて、ドコモのエリアは国内最強であり、あまり使わないけど、エリアは欲しい。2年縛りに解約金が嫌だ。手軽に使いたい!というユーザーには最適解ではないでしょうか。

私自身、速度が出る出ないにしても、手軽に使えるb-mobile 1GB定額SIMをこれからもずっと使っていきたいです。ちなみに、イオンSIMの月額987円で100Kbpsの速度制限で使い放題のAプランも最強だとは思うのですが、私自身、速度のほうを優先したいので使っていません。

スポンサーリンク