スタードメインで独自ドメインを取得してみた

ドメインを取得できるサイトにお名前.comなどがありますが、お名前.comと並ぶ価格が安いリセラーの「スタードメイン」でドメインを取得してみました。使ってみないことには何も言えないのでw

「スタードメイン」はICANN公認のレジストラになったばがりで、その関係のキャンペーンで.comドメインなどが500円で取得が可能でした。

管理画面

20110829-132729.jpg 20110829-132822.jpg

管理画面はこんな感じでした。やはり見にくい印象は否めないのですが、何を操作するにしても、系列のレンタルサーバー契約に誘導するお名前.comよりは遥かに使いやすいです。しかし、ネームサーバーの設定画面まで行こうと思っても慣れないうちは大変だったり。。。

ちなみに、一番最初の画像の右の部分は割愛させていただきました。全く関係ない部分が多かったので。

メリット

  • ドメインの安さ。この点に関しては、お名前.comと負けないぐらい頑張っているでしょうか。
  • 宣伝メールがしつこくない。お名前.comに登録をしたときに、間違ってニュースレターの登録をしていました。そうしたら、頻繁に.infoドメインのセールのメールが。この点、スタードメインに登録していて、宣伝のメールがほとんど来ません。
  • 上位レジストラが3種類使える。ドメインの価格が変わってきてしまうのですが、上位レジストラがスタードメイン運営の「ネットオウル」、ドメインの種類が豊富な「KeySystems」、実績ある「eNom」が使えます。やはり、自社だけでドメインを扱えるようになっても、上位レジストラを選べるのは大きいです(2011年8月現在)。
  • 広告なしのWebスペースが使える。ドメインを契約すると、広告なしのWebスペースが使えます。なぜ、Webスペースと言っているのかというと、PHP、CGIが使えないからです。イメージとしては、FC2ホームページや忍者ホームページの広告がない感じでしょうか。独自ドメインを取得して、サークルやイベントのサイトを作りたい!でも、HTMLだけで十分で広告はいらない!そういう方に便利だなと思いました。サーバーもCGIやPHPが使えない分、レスポンスも悪くないでしょうし。

デメリット

  • 信頼性。まだまだネットオウルは新興の企業で、ネットを探しても情報があまり見当たりません。ネットオウルのサーバーもどの程度なのかもよくわからないので。
  • 支払い方法が独特。というのも、スタードメインでドメインを取得する場合には、まず、「ネットオウルプリペイド」を購入しなければならないです。他社でいうと、「ロリポップ!」や「ムームードメイン」の運営会社のやっている「おさいぽ!」と同等のものでしょうか。「ネットオウルプリペイド」はクレジットカードやコンビニ決済などでの購入が可能です。しかし、クレジットカードからだと、500円からの購入しかできなかったり、コンビニ決済だと、500円からの購入で、手数料が別途210円。銀行振込みはいくらからでも大丈夫で、振込み手数料負担だけ。この辺りは非常に複雑でわかりにくいところです。
  • ポイントの使い方がわかりにくい。ドメインを取得すると、「ネットオウルポイント」というものをもらえるのですが、これはネットオウルプリペイドに充当できないですし、系列の「ミニバード」と言ったレンタルサーバーの初期費用に100%使え、月額費用の25%までしか使えないそう(2011年8月現在)。慣れないとわからないです。正直言って。

最後に


うまく「ムームードメイン」、「お名前.com」と使い分けをするのがスタードメインの賢い使い方でないでしょうか。使いにくい部分があるものの、今後に期待したいと思います。

→ .com ドメインをスタードメインからお名前.comに移管した

スポンサーリンク