auのWiMAX対応スマホでのテザリングはヘビーに使うのには実用的ではない


auのWiMAX対応スマートフォンの「Galaxy S2 WiMAX」をWiMAXのテザリングがしたいという目的もあって、購入したのですが、2ヶ月使ってみて、テザリングに関しては、ヘビーに使うのには使えないと判断しました。端末自体は高性能でサクサク動くので、全体的には後悔はしていないのですが。

繋がらないWiMAX

2008年のサービスイン以来、東京圏や大阪圏のみならず、着々と地方のエリア拡大を進めていて、 UQ WiMAX公式ページのエリアマップを見るかぎり、エリアに関しては文句はないように思えるのですが、意外に使えない。

個人的に、週に1回、東京23区内でかっつりWiMAXを使うのですが、屋内に入ると電波が全く入らず使い物にならない電波が入ってもドトールやスタバなどでは、席の場所を選ばないと使えない地下街に入ると全くダメという状況です。使えると言えるのなら、屋外の公園といった場所は電波が届くので使えるのですが、肝心の腰を据えて使いたい場所で使えないというのが、WiMAXに抱いた印象です。

UQ側も、積極的に私鉄沿線に基地局を設置しているようで、郊外を走る私鉄電車に乗って、連続的に通信をしても全く途切れないというのは高評価です。また、UQもJR東日本からの出資がある関係で、JRの駅は繋がらないところがないと言っていい程快適です。

個人的な印象としては、今のところ、通勤電車にしか使えないWiMAXという印象です。

テザリングを使うと電池の減りが異常に早い

WiMAXテザリングを、カフェなど落ち着いた場所で使いたいと思っていても、WiMAXが不安定な場所ではバッテリーの減りが早く、その上、テザリングでバッテリーの減りをさらに早めるので、WiMAXテザリングであっという間に、「Galaxy S2 WiMAX」の電池がなくなります。だいたい、1時間に30%はなくなります。

eneloopのモバイルブースターを併用しても、電源の供給能力よりも、「WiMAX+テザリング」のほうが電池の食いが多いようで、WiMAXテザリングをがっつり使おうとするのには、個人的に無理でした。

3G回線でテザリングも一応できるが

3G回線で一応、テザリングはできるのですが、スマートフォンでは早い3G回線も、PCから利用すると結構遅いです。回線が混雑しているところでは、下り400kbps程度しか出ず、b-mobile SIM U300を使っている感じです。電池の減りも早いのは事実ですが、WiMAXテザリングのときよりも、若干マシになった程度。「直近3日間で300万パケットを使うと通信速度規制」があるので、PCからはあまり使えません。

個人的には、モバイルWi-Fiルーターのほうが向いているようだとは思うのですが、まだまだ使う頻度があまり多くはなさそうなので、使う頻度が多くなってきたら、IIJのドコモMVNO辺りか、2年縛りがあっても、イー・モバイルのLTE辺り加入したいと思います。

「WiMAX対応スマホでテザリング」はたまに外でPCやiPadからネットができればいいなと思う人向けです。

スポンサーリンク
Adsense
Adsense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>